RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
松本雄吉さん〜空堀ふ〜らふ〜ら〜
大阪の空堀商店街を夜歩いていると、ふ〜らふ〜らとした足取りで歩いてくる人が一人。こっちもふ〜らふ〜らしてるもんで、「わぁ〜お、ごぶさたしとりますぅ〜」とやたら大声で叫んだりなんかして。どう見てもそのあたりの酔っぱらいのおっさん風ですが、世界が注目する大阪の劇団「維新派」主宰の松本雄吉さんでんす。
大阪で活動しながら、海外からのオファーが多くて世界三大演劇祭の招待公演でオーストラリアに行ったり、ドイツやイギリスで公演したり、もちろん国内での公演も大入り満員。毎回5000人以上は動員してるんでんす。
独特の歌と踊り、独特の音声(言葉)が作り出す世界は「ヂャンヂャン☆オペラ」と称しておられるが、たぶんに感覚的な世界であります。
どうも見てないと伝わらないというのが悔しのですが、屋外にとてつもなく巨大なステージと雛壇になった500席もの観客席を作り上げ、10日前後の公演をやってしまう。舞台美術・道具もその巨大さや美しさもさることながら、激しく入れ替わる舞台道具がこれまたすべて人手で行われているというところに驚きがある。水蒸気がほしいとなると本物の巨大ボイラーを持ってきて、水蒸気をたく。それも全部、劇団員が現地で泊まり込みで手作りで仕上げるというからすんごい。
2008年、琵琶湖での公演では、降りしきる雨の中、演者たちがびしょ濡れになりながら熱演していたのでんす。しかしこのびしょ濡れ、実は雨のびしょ濡れではなく、もとより水を流してたのでんす。何かとおもやぁ、琵琶湖の水。エンディングになってやっと現れる琵琶湖の湖面、さらに飾り船。まぁ、普通では考えられないようなサプライズな世界が次々とやってくるんでんす。
松本さん、空堀でふ〜らふ〜らしておられますが、2009年3月には藝術選奨30名の中に選ばれやした。この賞にはキョンキョン(小泉今日子)や椎名林檎、小田和正、蒼井優、ほかが選ばれてるでんすよ。授賞はほかにも多々されてますが、とにもかくにもおめでとございます。ずっと大阪でふ〜らふ〜らしといてくだしゃれませ。

author:TATENOMAMA, category:-, 09:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:18
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://tatenomama.jugem.jp/trackback/6