RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
金益見さん キム・イッキョン

〜ラブホテル研究の第一人者〜

巨大書店の入り口あたりに、おおよそ一畳くらいの範囲で平積みされた新書、その名も「ラブホテル進化論」。


帯には「現役女子大学院生による本格研究、ラブホ テルは堂々たる日本の文化!」と書かれた上、著者近影写真入り。

大きく見開かれた目、斜に構えた姿は、少し挑むようなところを見せつつ、魅惑的。


思 わず本を手にとってしまった時に「あ〜やられた。編集者の作戦にまんまとひっかかった」と感じたのも束の間、「ええいままよ」とレジに直行。書籍の表紙を ご覧になって「あっ」って気づいかれた方もいらっしゃるのでは・・・。著者はラブホテル研究の第一人者・金益見(キム・イッキョン)さん。


さて、まんまと買った「ラブホテル進化論」、読むとマジ本です。そりゃそうだ。卒論というか研究論文を書籍にしたんやから。関西のラブホテル経営者は元、風 呂屋が多いとか、年金の支払い日翌日には熟年夫婦の利用が極端に多い、仕掛け・作り・建設場所やグッズの変遷など、ちゃんとした調査データに裏付けられた 内容がびっしり。

期待した内容のような、内容でないような・・・って読後感にとらわれつつ、次に沸いてきたのは「この本、なんで、この人が書いたんやろ?」という疑問。そのまんま連絡し、運よくお会いできてしまったのでんす。



  〜多様な顔を持つチャレンジン〜

上 本町にあるラブホテルならぬシティホテルのロビーで待合せ。現れた金さんは、書籍の帯の印象とは随分、違っておったのでんす。

なんとなく天然な感じ。この 感じが、また良いんでんす。お会いしてから、研究テーマについて「何で」「どうして」「だれかから・・・」などなど、いろいろと質問したわけでんすが、ど うも「ラブホテル進化論」について、金さんご本人の中では、一旦終結。

それよりも今、彼女の次なる目標は「日韓交流の懸け橋役」と「ミュージシャン」だっ たのでんす。 「日韓交流」は彼女自身が、ホームページを主宰している「まきずし大作戦http://makikome.com/index.html」 ですでに開花中。


在日コリアン3世の金さんが日本の中での在日コリアンの理解を多くの人々を巻き込みながら世の中を良くしていこうというもの。ホームペー ジへのアクセス数は増し、マスコミでも取り上げられて話題となったわけでんすが、おもしろいのはその取り上げられ方。ラブホテルの金さんとまきずしの金さ んは同一人物でありながら、取り上げる人もホームページに集まってくる人も同じ人だと知る人があまりいなかったところでんす。


また、その上(今は大きな声では言えないのだそうですが)どうもミュージシャンとしてメジャーになりそうな芽をもっているとか。


金さん曰く「元々、ミュージ シャンとして生きたかった」らしいが「大学でちゃんと勉強しなさい」という厳格な母の言いつけをきっちりと守り、大学院を出るまでその夢をあたためていたもの。

それが、今にも(大きい声では言えませんが)ミュージシャンメジャーデビュー寸前とは・・・。

そして、この春からは晴れて大学講師にもなったのでんす。

う〜ん、金さん、やりたいこと、そのまんまやり進めていて「多様な顔を持つチャレンジン」。ほに羨ましい限り。思わず、「『講演会と懇親会』やりませんか?」ということでお会いしてから半月少々しかなかったのにひらいちゃったでんす。


『「ラブホテル進化論」著者 金益見による「キム・イッキョン進化論」講演と懇親会』。この会では金さんの生まれてから今までの歴史を説明しつつ、「多様な顔をもつチャレンジン」としての魅力が炸裂。のってる人のオーラっちゅうもんを満喫させてもらったでんす。





author:TATENOMAMA, category:-, 11:43
comments(1), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:43
-, -, pookmark
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2011/03/26 7:06 AM









Trackback
url: http://tatenomama.jugem.jp/trackback/2