RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
会社設立20周年
JUGEMテーマ:社長日記
有限会社シナジープロジェクトとして設立したのが1992年1月28日。早いもんで20年たちました。
縁起の良い日にということで、2001年1月1日に有限会社シナジープロジェクトから株式会社シナジーとして組織変更しました。
設立当初、信頼していた同僚に会社のお金をすっからかんに持ち逃げされたこと、新規で採用した人がえ〜という人だったりと、いろいろありました。
(※この頃、福耳や顔相がいいからといって、運がいいとは限らないんだなぁとか、
  いろいろと感じることがありました。)
しかし、その時に支えてくれたのは、仕事を一緒にしていた皆様方です。
月末の支払いに困ったとき、すでに仕事をしていた仕事料を気持ちよく先払いしてくださったり、励ましの言葉をかけてくれながら、バイクで走り去っていったり。。。
思えば、このようなご支援がなければ20年なんてとても続けてこれなかったことと思います。
もちろん途中にもいろいろとありましたが、続けてこれたことに、ただただ感謝、感謝です。
author:TATENOMAMA, category:アンナこと・コンナこと, 18:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
大阪のシンボル 中之島公会堂がえらいこっちゃ!
 

光のルネッサンスで展開です。3Dコンテンツの実施です。

今、まさに、中央公会堂でやっております。

実際に現場で見るのとは迫力が違いますが、雰囲気はお楽しみ頂けると思います。光絵本という名称です。

http://www.youtube.com/watch?v=j0qgutjgjzM&feature=youtu.be  
http://www.youtube.com/v/2KGYBDIPlek&fs=1&source=uds&autoplay=1

 

平日は10分に1回間隔で実施してます。日・祝日等は15分に1回間隔程度になる予定です。(12月25日までです)

※これを相当な大規模で展開できたら、おもしろいものになりそうな映像技術という確信を得られたように思います。

※新たな事例として、可能性が広がりそうな気がします。 

おもしろいこと、どんどんやっていければとねがっております。

※プロデュースさせて頂き、楯川は本望です。

author:TATENOMAMA, category:話題のイベント, 14:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
自分にできることってなんだろうか。
JUGEMテーマ:東日本大震災
 未曾有の大震災復興にむけての動き、その中での福島原発の予断を許さない状況などなど、日々、たいへんな状況がまだまだ続いております。自分にできることって考えてみますけど、なんもできない自分に無力感を覚えます。
そんな中で、うちの実家が居抜きの空き家で生活できる状態になっていたので、被災した親友の妹の姉弟を受け入れました。といっても、自活で生活できるおうちを提供しただけです。それっも半ば強引に僕の兄貴(長男)にお願いして、兄貴も快諾してくれたおかげで、ことがとんとんと進みました。親友の妹さんも開業医で地元を離れることができななか、こどもたちは震災が起きた次の週の金曜日には移動してきました。ほんとによかった。
もっと大きな視点から震災とか考えて・・・とか思うのですけど、結局、自分のできることが何かと考えているうちに、いろんな影響が出てくる、、、それより近い人にできることからから始まって、みなができることをやって、それがいろんな人を元気づけるエネルギーになったらよいと思います。いっぱいできないけど、小さな力でも集まれば大きな力になるのではと思います。


author:TATENOMAMA, category:-, 14:51
comments(2), trackbacks(0), pookmark
未曾有の大震災にやり場のない気持ちです。
JUGEMテーマ:東日本大震災
ブログを相当ぶりに書きました。未曾有の大震災に驚くばかりです。阪神大震災を神戸の東灘区で被災した経験があるので、なんとも言い難い気持ちです。あらゆる対応により御精者が最小にとどめられること、被害が最小に防がれることをお祈り申し上げます。また、揺れの状況は各地でまだまだ予断を許さない状況ですので、皆様お気をつけくださいませ。いま、書いている最中にも地震情報が二本入りました。本当にお気をつけください。tatenomama 
author:TATENOMAMA, category:アンナこと・コンナこと, 16:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
会社の窓から芸能界
JUGEMテーマ:芸能全般
 うちの会社の窓から隣のおうちのお部屋が見えるのでんすが、なかなか文化交流のお盛んなお部屋でございます。ある時は「ヨーガ」。またある時は「お琴」、またある時は「唄いと三味」等など。普通のおうちにも関わらず、貸し部屋をやっておられるのでんす。
それでもって、関西お笑い芸人のメッセンジャーの「メッセ弾」の撮りをやっていたりもしてるでんす。お隣とはいえ、芸人の声はおっきいなぁっと思うでんす。特に売れてる人の声はハリがあるような・・・。
author:TATENOMAMA, category:アンナこと・コンナこと, 12:26
comments(26), trackbacks(0), pookmark
松本雄吉さん〜空堀ふ〜らふ〜ら〜
大阪の空堀商店街を夜歩いていると、ふ〜らふ〜らとした足取りで歩いてくる人が一人。こっちもふ〜らふ〜らしてるもんで、「わぁ〜お、ごぶさたしとりますぅ〜」とやたら大声で叫んだりなんかして。どう見てもそのあたりの酔っぱらいのおっさん風ですが、世界が注目する大阪の劇団「維新派」主宰の松本雄吉さんでんす。
大阪で活動しながら、海外からのオファーが多くて世界三大演劇祭の招待公演でオーストラリアに行ったり、ドイツやイギリスで公演したり、もちろん国内での公演も大入り満員。毎回5000人以上は動員してるんでんす。
独特の歌と踊り、独特の音声(言葉)が作り出す世界は「ヂャンヂャン☆オペラ」と称しておられるが、たぶんに感覚的な世界であります。
どうも見てないと伝わらないというのが悔しのですが、屋外にとてつもなく巨大なステージと雛壇になった500席もの観客席を作り上げ、10日前後の公演をやってしまう。舞台美術・道具もその巨大さや美しさもさることながら、激しく入れ替わる舞台道具がこれまたすべて人手で行われているというところに驚きがある。水蒸気がほしいとなると本物の巨大ボイラーを持ってきて、水蒸気をたく。それも全部、劇団員が現地で泊まり込みで手作りで仕上げるというからすんごい。
2008年、琵琶湖での公演では、降りしきる雨の中、演者たちがびしょ濡れになりながら熱演していたのでんす。しかしこのびしょ濡れ、実は雨のびしょ濡れではなく、もとより水を流してたのでんす。何かとおもやぁ、琵琶湖の水。エンディングになってやっと現れる琵琶湖の湖面、さらに飾り船。まぁ、普通では考えられないようなサプライズな世界が次々とやってくるんでんす。
松本さん、空堀でふ〜らふ〜らしておられますが、2009年3月には藝術選奨30名の中に選ばれやした。この賞にはキョンキョン(小泉今日子)や椎名林檎、小田和正、蒼井優、ほかが選ばれてるでんすよ。授賞はほかにも多々されてますが、とにもかくにもおめでとございます。ずっと大阪でふ〜らふ〜らしといてくだしゃれませ。

author:TATENOMAMA, category:-, 09:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
金益見さん キム・イッキョン

〜ラブホテル研究の第一人者〜

巨大書店の入り口あたりに、おおよそ一畳くらいの範囲で平積みされた新書、その名も「ラブホテル進化論」。


帯には「現役女子大学院生による本格研究、ラブホ テルは堂々たる日本の文化!」と書かれた上、著者近影写真入り。

大きく見開かれた目、斜に構えた姿は、少し挑むようなところを見せつつ、魅惑的。


思 わず本を手にとってしまった時に「あ〜やられた。編集者の作戦にまんまとひっかかった」と感じたのも束の間、「ええいままよ」とレジに直行。書籍の表紙を ご覧になって「あっ」って気づいかれた方もいらっしゃるのでは・・・。著者はラブホテル研究の第一人者・金益見(キム・イッキョン)さん。


さて、まんまと買った「ラブホテル進化論」、読むとマジ本です。そりゃそうだ。卒論というか研究論文を書籍にしたんやから。関西のラブホテル経営者は元、風 呂屋が多いとか、年金の支払い日翌日には熟年夫婦の利用が極端に多い、仕掛け・作り・建設場所やグッズの変遷など、ちゃんとした調査データに裏付けられた 内容がびっしり。

期待した内容のような、内容でないような・・・って読後感にとらわれつつ、次に沸いてきたのは「この本、なんで、この人が書いたんやろ?」という疑問。そのまんま連絡し、運よくお会いできてしまったのでんす。



  〜多様な顔を持つチャレンジン〜

上 本町にあるラブホテルならぬシティホテルのロビーで待合せ。現れた金さんは、書籍の帯の印象とは随分、違っておったのでんす。

なんとなく天然な感じ。この 感じが、また良いんでんす。お会いしてから、研究テーマについて「何で」「どうして」「だれかから・・・」などなど、いろいろと質問したわけでんすが、ど うも「ラブホテル進化論」について、金さんご本人の中では、一旦終結。

それよりも今、彼女の次なる目標は「日韓交流の懸け橋役」と「ミュージシャン」だっ たのでんす。 「日韓交流」は彼女自身が、ホームページを主宰している「まきずし大作戦http://makikome.com/index.html」 ですでに開花中。


在日コリアン3世の金さんが日本の中での在日コリアンの理解を多くの人々を巻き込みながら世の中を良くしていこうというもの。ホームペー ジへのアクセス数は増し、マスコミでも取り上げられて話題となったわけでんすが、おもしろいのはその取り上げられ方。ラブホテルの金さんとまきずしの金さ んは同一人物でありながら、取り上げる人もホームページに集まってくる人も同じ人だと知る人があまりいなかったところでんす。


また、その上(今は大きな声では言えないのだそうですが)どうもミュージシャンとしてメジャーになりそうな芽をもっているとか。


金さん曰く「元々、ミュージ シャンとして生きたかった」らしいが「大学でちゃんと勉強しなさい」という厳格な母の言いつけをきっちりと守り、大学院を出るまでその夢をあたためていたもの。

それが、今にも(大きい声では言えませんが)ミュージシャンメジャーデビュー寸前とは・・・。

そして、この春からは晴れて大学講師にもなったのでんす。

う〜ん、金さん、やりたいこと、そのまんまやり進めていて「多様な顔を持つチャレンジン」。ほに羨ましい限り。思わず、「『講演会と懇親会』やりませんか?」ということでお会いしてから半月少々しかなかったのにひらいちゃったでんす。


『「ラブホテル進化論」著者 金益見による「キム・イッキョン進化論」講演と懇親会』。この会では金さんの生まれてから今までの歴史を説明しつつ、「多様な顔をもつチャレンジン」としての魅力が炸裂。のってる人のオーラっちゅうもんを満喫させてもらったでんす。





author:TATENOMAMA, category:-, 11:43
comments(1), trackbacks(0), pookmark
tatenomamaブログ

会ってみたい、話してみたい、見てみたい、聞いてみたい、あれなんやろ、これなんやろ・・・とにかく「気になる人には会ってみよ」「気になることは見てみよ」と、足のむくまま、気のむくまま、見たまま、聞いたまま、そのまんまをお届するtatenomamaブログでんす。

あなたの「気になるコト」や「気になる人」を教えて頂いたら、気がむいたら、あなたのかわりに足を向けてみる場合もありますので、どんどん教えてくだされませ。
author:TATENOMAMA, category:-, 12:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark